千葉市の学童保育の待機児童問題に関する注意点

近年、女性の社会進出が進むと共に、男性に負けない位、忙しく働き続ける女性も増えています。しかも結婚後だけでなく、子供を産んだ後も働き続ける事を希望する女性は今や珍しくありません。お陰で共働きを希望する家庭も、増えています。 女性の社会進出が進んだ事は喜ばしい一方で、新たな問題も生じているので厄介です。それは共働きの家庭が増えた事で、日中、子供の世話をする人がいない事だったりします。保育所に預けようにも、空きがないため、共働きしたいけど出来ない、という困った状況に追い込まれる女性は多いです。 実際、テレビや新聞では頻繁に、保育園が不足しているという問題は取り上げられますが、待機児童の問題は、保育園だけではありません。子供が小学校に進んだ際に、帰宅するまで預ける場所である学童保育に対しても、待機児童が存在しており、千葉市も例外ではないです。

共働きを実現するために必要な事とは

待機児童問題と聞くと、どうしても保育園に入園出来ない子供達をイメージしてしまう人が少なくありません。実際、この問題を扱うニュース等では、保育園の数が不足しているという形で報道される事が多いです。 ですが厄介なのは、何とか保育園に入園出来ても、再び小学校に上がる段階で、問題が生じる事だったりします。共働きの家庭だと、学校の授業を終えた後に預ける事が可能な学童保育に入れなければなりません。 ですが実の所、こういった施設も不足しており、待機児童の問題が生じてしまっています。千葉市でも施設が不足していて、残念ながらこういった問題が発生してしまっており、小学校に上がる段階で、共働きを断念する家庭も少なくないです。だからこそ、多くの働く女性が問題解決を望んでいます。

問題を解決するための対策について

千葉市では、保育園だけでなく、学童保育に対する待機児童問題を解決すべく、受け入れの拡充を目指している最中です。具体的な対策方法としては、空き教室を改修したり、プレハブを建てる等して、施設自体を増やすという方向で、解決を目指しています。目標としては、2019年度までに、小学校1年生から3年生という低学年の受け入れ枠を、1220人分増やすという形で実行中です。 施設を増加させる事に伴い、当然ですがそこで働く支援員を60人程増やすだけでなく、支援員を補助する役割の補助員も、30人程度、増員出来る様に動いています。この様にして既に増加してしまった、市内の待機状態の児童を減らしつつ、そういった児童を出来るだけ生み出さない様な仕組みを、構築すべく動いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

千葉市の学童保育の待機児童問題に関する注意点

近年、女性の社会進出が進むと共に、男性に負けない位、忙しく働き続ける女性も増えています。しかも結婚後だけでなく、子供を産んだ後も働き続ける事を希望する女性は今や珍しくありません。お陰で共働きを希望する...

千葉県での学童の費用相場と教育力の関係

学童保育は共働きをしているご夫婦にとって、たいへん心強い味方となる施設です。お仕事で忙しい場合にもお子様をしっかりとお預かりすることはもちろん、貴重な放課後の時間を学力向上のための学習指導や、生きる力...

友だちと一緒にぐんぐん育つ。千葉の学童保育

働いて生き生きと仕事を続けながらも自分の子供はしっかり育ていきたいと考えておられる親御さんはたくさんいます。今までは保育園で預ってもらうことや、小学校に併設されている学童保育の部屋で見てもらうことしか...